イメージ画像

仕事上で必要となる身元調査

身元調査が実施されて調査対象者の情報が「申請された情報と異なる」事実が判明します。自身の経歴やキャリアを偽り、即戦力として中途採用される人物や個人事業主等で人気商売な人物に時々みられる詐称と言えます。人に虚偽の申請を行う事に罪悪感を持たない人物は「仕事上で実力が伴わない」ケースが少なくありません。そのため、「詐称の事実を疑う人物」が出現するまでに時間を必要としないこととなります。このような人物はアイデンティティーに乏しく誰かの真似などでその場その場をしのぐことで日常を繰り返していきます。どのような目的があって詐称しているのか確認するには事実確認のために身元調査を実施して「事実と異なる訳を当人から聞き取る」必要性があります。採用されている企業情報を横流ししている産業スパイ的な人物も存在するので慎重な対応が求められる場面と言えるのです。

身元調査と身上調査

身元調査とは調査対象者である人物の現在を情報としてご報告する調査になります。簡単にご説明しますと氏名・年齢性別・住所・勤務先・家族構成などが身元調査の調査項目となります。これらの情報が頻繁に需要として求められる背景には「民事事件の損害賠償請求」などで訴訟の相手を明確にするため必要となるケースが少なくありません。身近なケースでは「浮気や不倫相手に対する損害賠償請求」が代表的と言えるのです。困難な身元調査では「詐欺師」が自宅住所に居住していないなどのケースがあり、詐欺の立件に必要な身元調査なども需要が高い身元調査と言えます。

身元調査では現在事項が判明します。それでは、調査対象者の過去を知りたい場合にはどのような調査を実施すれば良いかご説明しますと「身上調査」となるのです。過去から現在にわたり、調査対象者が生活した住所から当時の情報を集めご報告する調査が身上調査と言えます。身上調査が必要となる背景には「仕事上で信用できる人物であるか」判断が必要であったり、縁談の相手として相応しい候補者であるか判断に必要な情報として身上調査のニーズがあるのです。

交際相手の身元が虚偽

交際が苦手な男女は増加傾向にあります。そのような人物達に共通して言える特徴が「対人コミュニケーションが苦手」という事実なのです。男女交際に進展してうまくいかないケースが多く、苦手意識が多くの出来事に対して広がってしまうのです。過去に交際した経験人数から判断しても「少数であり、苦い経験が多数」という記憶が残って交際に対して自分らしさが出せない「不器用な状態」が時間的に多くなってしまうのです。このような人物に対して悪意をもって接近する異性が存在します。そして、コミュニケーションが苦手な事をいいことに「自身が主導の交際を展開」し最終的には金品の搾取という結末を迎えます。悪意が存在している交際ですので「交際相手の身元情報も虚偽」であるケースも珍しくありません。ましてネット上やSNSで出会った関係ならば尚更であり、本名さえ伝えていないこともあるのです。このような人物に対して真実を提示させることは困難と言えます。多くの場合には、強気な物言いで「自身を正当性を主張」することの繰り返しと言えます。身元調査を実施して「正しい情報を確認し提示」することにより悪意の言い訳をさせない対処が可能となるのです。重度の詐称が確認され、金品の搾取が酷いケースでは「婚約不履行や結婚詐欺」なども視野に入れる必要性も高まるのです。

このページの先頭へ