イメージ画像

芸能事務所からの素行調査依頼

アーティストや俳優の所属している芸能事務所から「所属している人物の素行」を調査するケースは少なくない。仕事を終えたプライベートな時間をどのような場所でどのような人物達と過ごしているか?確認するために素行調査を実施するのです。スケジュールを基に仕事終わりから「素行調査を開始し飲食や交遊」を明らかにするのです。

芸能事務所が一番に恐れている状況は「コマーシャル契約等を複数抱えているタレントのスキャンダル」と言えます。
記憶に新しいスキャンダルとしては「有名女性タレントとミュージシャンの不倫」が世間を騒がせた。将来的にそのような大きなスキャンダルに発展して多額の違約金を支払わなければならないことを天秤にかけた場合を想定して「密かにプライベートを把握」することが望ましいと考える事務所は数多く存在しているのです。事務所からの再三にわたる注意を聞けないタレントやアーティストは「将来的に事務所に損害をもたらす危険人物」との判断が適当であり、実際に常識を逸脱した行為を繰り返す人物は「判断材料となる素行」を基に厳しく管理することが必要となるのです。

以前は芸能リポーターの方から事実確認としてこのような依頼を受けることもありましたが、探偵にメリットがあまりにも少ないため、芸能事務所から依頼をお受けすることが主流となってきているのです。

芸能事業は危機管理を経費計上すべき業種である

マネージャーがタレントの私生活を把握することは非常に厳しいと言えます。仕事上の時間を共有する立場にあるマネージャーに素行を注視して監視させたいと考える芸能事務所は多く存在しますが現実には不可能と言えるのです。何年も専属マネージャーを務める人物であっても仕事以外の時間を管理することはどう見ても不可能なのです。この部分を理解しない芸能事務所は度々トラブルに見舞われます。先に記述した女性タレントが所属していた芸能事務所は度々タレントが世間を騒がす事態に陥っていることを理解されることでしょう。もし、この芸能事務所がタレントの素行を定期的に把握管理していたならば、このような損害を受けることは無かったと言えるでしょう。危機管理に対する組織の考え方が大きく影響する業種であると再認識するべきなのです。稼ぎ頭と言える所属タレントやアーティストを管理するために必要な経費を削減しても無意味と言えるのです。

リスク回避のための業務

リスク回避が必要な業種は数多く存在しますが、近年は芸能事務所も取り扱う業務から違約金が発生する業種であるため、「リスク回避のための業務」も必要と判断し、イベントの警護や警備、誘導に必要な人員やスタッフも経費計上する事が常識となっています。このような必要経費は「タレントの管理」にも必要と考える芸能事務所が多くなってきたと言えます。タレントやアーティスト・俳優は売れっ子ならば言わば「芸能事務所の看板」と言える存在なのです。

そのような看板タレントは言うまでもなくスキャンダラスな出来事は回避させたい存在と言えるのです。大小イベントでのトラブルにはじまり、プライベートな恋愛や身内の問題にいたるまで「マイナス要素は全て回避」したいと考えることが常識と判断されるようになりました。立場にあった相応の対応が必要な人物は著名人ならば当然と言えますし、そのような待遇が必要と判断されることで「その人物のステータスも向上」することは紛れもない事実でしょう。芸能事務所の稼ぎ頭と言える人物は多くの場合には「将来的にも有望視」される存在であり、大きな仕事を引き受けられる数少ない存在でもあるのです。

このページの先頭へ