イメージ画像

探偵業界にNPO(非営利団体)ができる理由

探偵探しをしていると、「日本○○○協会」のような団体名を見かけることがあるかと思います。

簡単に言えば、これはそれぞれの探偵事務所が加盟(任意)している業界団体で、最も規模の大きなものに「一般社団法人日本調査業協会」というものがあります。

その次に、例えば東京都なら「東京都調査業協会」ように各都道府県の調査業協会があるわけですが、NPO法人○○とか○○探偵協会など様々な団体があるので、一般の方にはおそらく何が何だかよくわからないのではないでしょうか。

まず最初に申し上げておくと、「NPO法人」「非営利団体」「○○協会」等と名称はなんとなく公的で安心・信用できそうなイメージがありますが、探偵業界においてはそのようなことは全くありません。

信用するに値する団体をあえて挙げるならば「日本調査業協会」「各都道府県の調査業協会」となるでしょう。

探偵業界に数多くの団体ができる理由

しかしなぜ探偵業界ではこんなに数多くの業界団体ができるのか?いくつか理由があります。

第一の理由は、NPOや非営利団体などと名乗ることでいかにも「信用できるように思わせる」ためです。

いきなり探偵社に相談するのは怖い、どこが信用できるのかわからない、と考えている人でも、NPOや非営利団体等の名称を見ると信用できるように感じ、そちらのほうに連絡してしまうのではないでしょうか。

第二の理由は、「非営利の第三者を装って自らに利益を誘導するため」です。

連絡してきた人に「優良な探偵事務所を紹介する」などと伝えて自社を勧める、という手口です。

つまり、NPO法人や非営利という、聞こえの良い名目を悪用しているだけであり、わざわざそんな不誠実で手の込んだことをする探偵社がどんな探偵社であるのかは想像がつくでしょう。

第三の理由は、その団体に加盟していることでいかにも「ステータスがあるように思わせる」ためです。

これは複数の探偵社が寄り集まって作られることが多いですが、実際には探偵の業界団体にステータスや地位があるものは一つもありません。

例えば「○○協会から表彰を受けた」などのアピールは、自作自演や自画自賛とほぼ同じであり、業界内での優位性を示すものとはなりません。

これらの理由のように探偵業界には誠実ではない営業手法を取っている探偵社がたびたび見られますので、探偵選びの際には、しっかりとした目を持って探偵社の表面やアピールに流されないようにお選びになる必要があると言えます。

このページの先頭へ