イメージ画像

職場での恋愛は厄介な問題がつきもの

職場での恋愛は厄介な問題がつきものと言えます。特に職場で浮気や不倫が表面化したケースでは「浮気された家族からの要望」が職場に突き付けられることがあるのです。しかし、法律的には浮気相手に対して「退職を要求」したり「転属を会社に要求」するなどの行為はまったく認められていません。ですので浮気されたご家族が怒り「会社に対して怒りをぶつけても」すべては恋愛してる当人同士のプライベートな問題(家庭の問題)であり、会社がこのような問題に対して関与することは一般的にはありません。

一部の職業では不倫が表面化して左遷されたりというケースがあることから勘違いされやすいのですが、一般企業の社員が社内不倫や浮気になったとしても「左遷される可能性は極めて低い」と言えるのです。

不倫相手が管理職や重要ポストを任されている人物等では少々雲行きが怪しくなります。その企業が世間に対して対面を重んじる業種である場合には「役員の不祥事」として責任問題になるケースが存在するからです。女性問題を直接的な理由として退任する会社役員は現代社会では稀でしょうが「会社のイメージや不利益がスキャンダルによって生じたならば責任問題として追及」されるのです。

職場のルールを守れない人物

学校生活に校則などのルールが存在するように職場にも多くのルールが存在し、守らなければならない職務規定や就業規則はあります。個々の認識により「従業員として規律正しく業務を遂行しているか?は個人差が生じる」ことが一般的のようです。世間では「アルバイトや副業を禁止している業種」が数多く存在します。企業ではありませんが「国家公務員や地方公務員は副業をすると罰則がある」代表的な存在です。特に自衛官や警察官の副業は表面化すると大きく取りざたされるケースが少なくないようです。重い処分では免職になるケースもあると聞きます。公務員と比較したならば「副業禁止の企業」の対応は「社員の認識に委ねる」ケースが多く、副業が表面化しても業務に支障が無く会社の不利益につながらなければ「大目に見る」企業が多いと聞きます。しかし、業績が芳しくない状況下にある企業がリストラ等を実施することが当然になった実社会において「肩たたきの材料」となることは覚悟の上で副業等をする感覚は持ちあわせる必要がありそうです。

職場のルールを守らない人物は協調性に欠ける一面をもっています。探偵や興信所が実施している「素行調査」においても企業や個人の依頼から「職務規定に触れる行動が無いか?」調査を実施することもあるのです。同じ職場で同じ仕事をして「まじめにルールを守り質素な生活」をしている人物たちが多く存在している一方で副業で稼ぎ「ルールを守らない人物が副業で稼ぎ贅沢し裕福な生活」をしていたならば「誰でも違和感を覚える」ことでしょう。このような人物に対して戒めが必要な場面では「素行調査で事実確認し相応の処分を与える」ことも時には必要と考えられるのです。

職場恋愛のルール

「ルールに触れなければ何をやっても大丈夫」という考え方では人間社会で寒い思いをすることが間違いないといえます。確かに法規は犯していなくても「許されない行為」は幾つも存在するのです。男女関係で例をあげるならば「職場恋愛のルール」も暗黙のうちに存在しているようです。社会経験の未熟な若年層に多いトラブルとして「職場恋愛の後に気まずい心情から退社」等が考えられます。

このような状況は「人生勉強で済ます範囲」とは考えられないでしょう。努力して就活した結果として目標としていた企業に就職したならば尚更です。それでは職場恋愛で回避すべき例を上げて「関連するトラブル」と共にお話ししていきましょう。

1.上司(役職)と部下の関係での恋愛は避けましょう。

何故?と思われる方が多いでしょうが「業務に支障をきたす」ことが様々考えられるため、このよう  な立場の間柄での恋愛は極めてマイナス要素が多く発生してしまうのです。周囲に知られたケースを想定しても「妬みや嫉妬」という感情が周囲に生まれる可能性が高いためやめましょう。悪い方向に進んでしまうと「必ずどちらかか退職」となる可能性が高いと言えます。

2.相手を尊重しない職場恋愛は危険すぎる。

職場恋愛のカタチで多くみられる先輩・後輩の関係や同じ部署内での関係において、「相手の仕事上における立場やスタンス」を理解しない相手との職場恋愛は極めて危険でリスクを伴います。はっきり申し上げると「精神的に幼い相手」は自分の欲求を相手に強く求めるため、このような人物のリクエストに応えながら業務を遂行することは極めて困難と言えます。将来的に自身の立場に悪影響をもたらす恋愛となる可能性が高いためおすすめできません。

3.職場恋愛の相手が縁故採用による人物。

職場恋愛のお相手が縁故採用で入社している人物との恋愛はリスクが大きいと言えます。そもそも身内の影響力や思惑がある採用で入社していますので「恋愛からの結婚が困難なケース」と考えられます。そして、何より「本人は気が付かない範囲で会社側から配慮」が存在する人物ですので距離を置くべき存在であると認識するべきでしょう。業務で実力が伴わない人物が多く、恋愛対象として少し頼りない人物がこの手のタイプには多いことも認識すべきでしょう。

どうでしょう?納得されるケースはあったでしょうか。ルールとして認識しても良いでしょうが心得程度に受け止めて「ご自身の社内恋愛でのリスク」を軽減する材料となれば幸いです。

このページの先頭へ